まだ引きずっていると感じる。。

妻が旅だって早くも1年と少し経つ。。

色々な想いがありながら、供養も一通りになんとか執り行えた。

1周忌と新盆。。

また母も旅立ってから早くも10ケ月。

こちらも供養として新盆を終えてボチボチと1周忌の段取りかなって思っている感じ。

 

妻・母ともに現世に存在しない感じがまだない。

 

・・これって引きずっているだろうな。。きっと。

 

毎日の慣例的になっている事が朝起きて、洗濯と同時にご飯を炊く。

ご飯を炊くのはお供えをするため・・

**時に炊いたご飯の残りをどうするか悩むことがあったりもするが、毎日欠かさずにしている行動である

・・・娘よ、、朝ごはん食べて行けって言うのに、、これがまた言う事聞かない。

 

そんなこんなで、毎朝のお供えについては母の1周忌を過ぎるまではするつもりでいる。

 

そう、、そして娘のことが次に気掛かり。。

中3なので進路を決めていかないと・・焦る気持ちは親だけって良く聞きますが、ハイその通りですね、、(自分自身の時はどうだったかな・・記憶にございませんね、、)

 

またまた季節が変わろうとしています。

昨年は1昨年は、2年前は、、3年前は。。なんて記憶をたどる事も多々ありますが、毎日が可能な限り有意義な1日であるようにと気持ちを落ち着かせて考えている日々です。

 

今想います、がんで家族を失うことだけでなく、いろんな理由で人が亡くなったのも含め、その人の存在自体はもうこの世にいませんが、私自身が生きていく中で、その人への想いは生き続けている事、、この事を大事に毎日がんばって生活していきます。

 

 

あれから1年。。。

あれから1年。。。

妻の旅立ちから1年。。 今も時間の感覚がないのが正直な感想。 妻ががんだと判った時から時間の経過が今までに無い感覚である。 ...