母の1回目の月命日

母の月命日・・・1回目。

昨日は母の月命日。

他界して早くも1ケ月が経つ。

なんて月日が過ぎるのが早いのかな・・・って感じている今日この頃。

ちなみに、四十九日法要は12月20日。

平日だが年末と言うのもあって兄と相談した結果、僧侶からの当初予定のとおりの日程で行う事にする。

実家の宗派は真言宗。・・なぜ真言宗なのか由来は判らない。

実家の仏壇には結構たくさんの位牌があって、昔、母に教えてもらった記憶があるが、誰なのかあまり覚えていない。

覚えているのは祖父・祖母で、それ以前は判らない。

ちなみに、妻の葬儀の事。・・・宗派はどうするかを考える必要があった。

私自身、宗教的なもの(宗派とかもろもろ)はこだわりはない。

幼い頃からの習慣的な考えや行動は今も実行しているかな・・。例えば、墓参りやお盆とか。。

で、私の家の宗派は私の実家の宗派を引継ぐ事にした。

なので・・・真言宗。

だが、何をすればいいかまだ理解できていない。

年末に娘と話ている・・・真言宗って高野山だよね、年末に行ってみようって。

あと、家には妻の遺骨(大・小共に。。)がある。

納骨と言う儀式をしてあげないといけないが、今も悩み中。。。

お墓と建てるのは簡単だが、あとの面倒もあるしね。。

この事はまたの機会に投稿する。

母の納骨は、四十九日法要の時に納骨する。

当然に先祖代々のお墓があるので、そこに納骨する。

儀式やしきたりって超ムづかしいね。。

何をしてあげなければならないのか、そのヤリ方は正解なのか・・・全然わかりません。

ま、ぼちぼちします。

Follow me!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする